2015年7月18日土曜日

座卓と椅子

久しぶりのDIY

我が家は座卓が食卓であるので、大人に合わせると、息子が食べにくい。

これまでは子ども用の椅子で対応出来ていましたが、息子が成長してくると

子ども用の椅子では対応しきれないので、座卓と椅子を作りました。

まだオイルフィニッシュはかけていません。

白木のまま、それか蜜蝋ワックスだけでも良いかなと思っています。



作った理由は、もうひとつ。

来年から幼稚園の息子に、きちんと座って食事をさせるためでもあります。

私に似てか、食が細いので遊ばせながら口に食事を運ぶことをしていたので

教育も悪かったと思う。

けど、これを作ってからは座る時間が長くなった。

テーブルにチェアなんておしゃれに?食事をしていたら、場所も決まるし

そうそう降りたりは出来ないので、遊びたかったら早く食べるようになったと思うが

子どもの頃から流し込むだけの食事ってどうかと思うところがあります。

大人になったら、流し込むだけの食事が大半になるんだし・・・

ちなみに私は軽トラで移動中に食事をするため、おにぎりとおかずは手で

摘めるものを作ってもらって食べています。

それでも不機嫌なお客さんの顔を見て食べる牛丼よりもよっぽど美味しい。



0 件のコメント:

コメントを投稿