2016年3月27日日曜日

1段階1時限

いよいよ、始まりました。

受付を済ませて、待合室に到着。

誰もいないので、周りをきょろきょろ。

胸部プロテクターやらゼッケンが目に入る。

緊張感はあまりなく、むしろ「何でこんなところに居てるんだろうか?」と思うありさま。

緊張感の向こう側にある現実逃避ってこと??

自分でもわからない自分

教官が来られて、プロテクターのつけ方を教わる。

焦ってつけてたら、教官に「落ちついて」と窘められる。

付け終わったら教習の説明をうける。

そして、いざバイクのある場所へ向かう。

まずはバイクの取り扱い。

バイクにまたいで限界まで傾け、危ないところで逃げる。

ここで初バイクの重さを実感しました。

バイクの引き起こしよりも、動かした時の重量感に恐怖すら感じました。

その後、サイドスタンド、センタースタンドを学び、前進後進、8の字で

バイクの取り回し方を習う。

1時限後、教官からおさらいの説明を受けて終了。

休憩時間に、あのバイクを走らせるなんてできるのだろうかという不安につつまれる・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿