2016年4月5日火曜日

1段階7時限

シュミレーターを使っての教習。

同席した方は、娘より年下と思われる男性。

教官から「とりさんは自動車教習所ではシュミレーターはありましたか?」

「20数年前なのでなかったです」

「そうですね~なかったですよね~。少し前と言っても10年と少し前から

始まったんですよ。しかし、あくまでも疑似体験ですからね」

さて、シュミレーターは1台なので、どちらから乗りますか??

「それでは、ジャンケンしましょう」

ジャンケンポン!

「じゃあ、とりさんから」

安定の勝負運の無さ(´・ω・`)

シュミレーターといえど、私的には本物に近い感覚がありました。

急制動では、フロントを思いっきりかけて転倒しました。

その時、シュミレーターのハンドルはガタガタ動きガシャーン!

4時限目に見たフロントブレーキ痕、それが消えて・・・転倒

教官の言葉を思い出しました。

空走距離・制動距離・停止距離の理論的なことを体験しながら

教わりました。

その後、50~80km/hでのコーナー走行体験。

私はスリップしたり、ふくらんだりしなかったので90km/hまで

体験しました。

それでもこけなかったけど、突然現れたトラックに激突。

これが実際だと即死です。

「とりさん、これで自信持たないでくださいね」

何を言われているのか一瞬理解出来なかったけど、どうやら

シュミレーターで自信を持ってしまう人がいるとのこと。

「いやいや、滅相もございません」

そして高速道路の体験。

トンネル内を高速で走り、トンネルを抜けた時に風に

あおられて車体がグラグラ。怖かった・・・

自動車免許取りたての頃、クルマで同じ体験をしたことが

あって、とても怖い思いをしたことを思い出しました。

バイクだとなおさらだと容易に想像がつきました。

最後に本日の教習のおさらい。

「次回はAT車、ビッグスクーターを乗ってもらいますね。

コースは覚えましたか?一周ぐらいは教官が先導してくれますが

あとはご自身での走行になりますから、コースはしっかりと

覚えてください。よろしくお願いします」

「あっ、はぃ・・・ありがとうございました」

うー目覚めが悪い、、、今朝は夢の中でコース走っていて

道が行き止まりになっていて目を覚ましました(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿