2016年5月9日月曜日

2段階3時限

めずらしく教室が賑やか。

教習生同士、知り合いなのか談話していた。

もちろん、私は・・{乗車は・・降車は・・発進・・駐車・・コース・・安全確認・・}

また腹痛が・・まるで病人。

教官は・・前回と同じ先生。

一緒に教習を受ける方は談話していた、若い女の子。

いつものように教習項目の説明を受ける。

カーブの安全走行と姿勢の説明

20km/h と 30km/h の違いを体験してもらいますと説明をしているとき

横で女の子が「あぁー!」と声を出して、教官も「どうしたん!?」

たぶん、これヤバイやつ!ってなことを伝えたかったんだと思います。

とりさん、びびる・・

いざ、コースへ

おぉ、ブルーのスーフォア!テンションあがる。

教官に続いて、私、女の子の順でコースに入る。

今日もブルーのスーフォアのおかげで調子がいい。

カーブでは、20km/h と 30km/h の差がよくわかった。

カーブの入ってしまったら、ブレーキはかけれない。

かけると転倒する。

だからカーブに入るまでに安全な速度にしなければいけない。

それを実体験させてもらった。あと曲がった瞬間の障害物を回避する体験。

やはり、これもカーブに入るまでに安全な速度にしなければ人間の能力では

回避は難しいということを教えて頂きました。

その後、コースを周回していると、

ガシャーン!

一緒に教習をうけていた子が転倒した様子。

とりさん、びびる・・大丈夫か!?

しかし、目線を向ける余裕などない。

幸い、大丈夫だったようです。よかったぁ。

次は運転姿勢。8の字コースをリーンウィズ・アウト・イン

リーンアウトは小回りがしやすい。

教官がリーンアウトすると、見事に小さな円で周れる。

が、注意点は転倒しやすいとのこと。

リーンインは車体より上体を内側に入れる。

これってバイクレースで見たやつかな?{そんなん無理っす!}

教官からニーグリップをしっかりとして下さいとアドバイスを受けて

{そりゃそうだ}   「はい。わかりました」

最後に体験をした感想を聞かれて、リーンアウトの方がやりやすかったです。

と、答える。

今はそう感じると思うけど、なれてくるとインの方が走りやすいとのこと。

でも、基本はウィズですよ。とのこと。

「はい」

教室に戻り、おさらい。

教官「次回は急制動です。予約取ってますか?」

とり「日曜日にとってます」

教官「順調に来ていますが、そろそろ仕上げの段階です。しっかりと頑張ってください」

0 件のコメント:

コメントを投稿