2016年5月17日火曜日

2段階4時限

教室は教習生でいっぱい。

その中に私が1段階6時限の時に入って来られて、初日にプロテクターを

付けるのを教えてあげた方が、もう2段階になっていました。

そう思うと、私はスローペースですね。

教習の申込みをしたのは1月11日。

実際の教習が始まったのは3月26日。

仕事の都合で、同期の方より2週間遅れてスタートしているから、

もう、同期の方は皆さん卒業していると思う。

それは初めからわかっていたことですが・・・

ただ、足踏みしていた時と違って、今は行進している。

足踏みはゴールがない。だから辛い

行進にはゴールがある。

結果はどうであれ、達成感や喜びがある。

ただ、足踏みも無駄ではなく、それが長かった分、喜びは大きい。

人間は難しいものだ。

わざわざ困難に向かって、それに挑む。

達成感や喜びを得るために。


-------------------

本日の教習項目は急制動と回避

教官は・・3回続けて同じ先生。

車と単車の40km/hの体感は恐ろしいほど違う。

制動開始点手前でようやく40km/hになっていたみたいで、教官から

「とりさーん、早めに40km/hにして、制動開始地点の手前からアクセルを戻して

ブレーキをかけていきましょう」

何回も繰り返すことで、コツがつかめてきた。

そういや、大型教習の方が急制動でロックしていたけど、バランスを崩さず停止していました。

流石やけど、こわー

次は模擬追突体験と回避

教官があげる旗の色で右・左・直進を判断して停止する。

指示速度は30km/h

旗があがり指示された方向へ回避

そして停止

自分が旗を確認した地点と回避した地点を聞かれて

とり「確か・・・このあたりで旗を見て、このあたりで回避

教官「大体、あってますね。」

コースからその距離を見ると、こんなにも進んでいたんだと驚いた。

車は急に止まれないと言うが、単車はもっと止まれない。

残りの時間はS字・スラローム・クランク・一本橋を繰り返す。

最後におさらいをして、4時限終了。

みきわめを入れて実車はあと2回なので教習前の法規走行のイメトレを

しっかりしておこう。

次はシュミレーションです。

0 件のコメント:

コメントを投稿